転職先で人気のあるエステ業界は趣味と実益を兼ねた仕事ができる

女性におすすめの職種!転職するなら求人数が豊富なエステ業界へ 女性におすすめの職種!転職するなら求人数が豊富なエステ業界へ

エステ業界の仕事は女性に大人気

笑顔の女性

美に興味のある女性にとって、美容業界は趣味と実益を兼ねたとても魅力的な世界でしょう。特にエステ業界に転職したいと考える女性は多く、またエステ業界の求人件数も増えています。美容に対する需要が多様化している昨今、全国各地にさまざまなエステ関連の求人が募集されています。

現在注目されている美容業界の仕事

エステティシャン
「若返りたい」「肌トラブルを改善したい」「痩せたい」といった美に関する女性の希望を叶えるために、髪の毛以外の全身のケアを施す仕事です。基本的には顔のケアである「フェイシャル」、ダイエット目的の「痩身」、ムダ毛を除去する「脱毛」の3種類のメニューを柱とし、ハンドマッサージを中心に機械を使った施術やパックなどを行って女性をキレイにしていきます。また化粧品の販売や、サロンの清掃、タオルの洗濯、器具の衛生管理などもエステティシャンの仕事です。
美容師
理容師の仕事が「容姿を整えること」であることに対し、美容師の仕事は「容姿を美しくすること」です。そのため、美容師は流行やお客様の希望に基づき、カットやパーマ、カラーリング、結髪を行って髪の毛を主に整えます。近年では、髪だけでなくメイクやネイル、着物やウエディングドレスの着付けなど幅広く担当することが多くなりました。一般的には1日8時間程度の勤務に加え、営業時間外に練習をすることが多いようです。個人店を開くケースも多く、その場合は管理業務も行います。
リフレクソロジスト
足の裏にある反射区を刺激することで、リラクゼーションを行ったり身体の機能を高めたりする仕事です。「リフレックス」とは「反射」という意味であり、リフレクソロジーは「反射療法」とも呼ばれます。足の裏には反射区と呼ばれる、身体の臓器に作用する部分があります。リフレクソロジストは必要な反射区を刺激することで、血行を促したり老廃物やリンパの流れを整えたり、免疫力を高めたりしてお客様の悩みを解決へと導きます。就職先としては、エステサロン、リフレクソロジー専門店などが主流です。

多くのエステサロンでは、社内研修を行っています。未経験でも基礎からしっかりと教えてもらうことができるため、すぐに技術や知識を身に付けることができるでしょう。そのため、それまで全く別の業種で働いていた方やあまり体力に自信のない方でも、安心して転職することができます。研修後に現場に出てお客様に施術をしていくうちに、体の使い方を覚えて体力もついてくるはずです。

転職する前に情報をチェック

エステ関連の職種は、その華やかなイメージから女性にとても人気の高い職業です。しかしイメージだけですぐに転職するのは危険です。実際の業務とのギャップを感じ、すぐに離職したくなるかもしれません。エステ業界業の大変なところも知っておきましょう。

エステ業界の仕事に関する質問

仕事の際に最も辛いことは何ですか?
足腰に負担がかかることです。お客様に施術を行う際は立ち仕事が基本。ボディケアなどを行う際は、しっかり力を入れて行わなくてはいけません。全身運動になるため、涼しい店内でも汗がにじんでくることもあります。予約がたくさん入っている日は、一日が終わる頃には足がパンパンになっていたり腰が痛んだりすることも。自分自身のケアもきちんと行う必要があります。
転職時に困ることはありますか?
サロンの規模や職場環境が多様化しているので、自分に合っている職場を見つけにくいことがあります。たとえば「給料が良いから大手が良い」とすぐに決めてしまうと、その分のノルマに疲れてしまうこともあるでしょう。小さなサロンでも待遇が良い場合もありますし、スタッフ同士の仲が良く定着率が高いサロンもあります。どんなサロンでどのように働きたいのかを明確にし、自分に合ったサロン探しをしましょう。

TOPボタン